臥龍(がりゅう)

心が変われば、すべてが変わる。
志が変われば、日本が変わる。

拝金主義から人本主義へ。
「人」を大切にする感動経営でV字回復を!

臥龍こと角田識之のインフォメーションサイト|感動経営コンサルタントサイトトップ
トップページ > クレド策定支援プログラム > これからクレドを策定される企業さま

感動経営コンサルタント・臥龍の - クレド策定支援プログラム -

これからクレドを策定される企業さま

クレドって何?

クレドって?「クレド(Credo)」とは、「信条」を意味するラテン語であり、
「企業の信条や従業員の行動指針を簡潔にまとめたもの」です。
この「クレド(Credo)」を世に知らしめた代表的な企業が
「ザ・リッツ・カールトン」であり「ジョンソン・エンド・ジョンソン」です。

経営の指針には古くから企業理念や社是や家訓などがありましたが、クレドは「行動指針」といってもよいほど、簡潔でありながらかつ具体的であることが特徴です。

臥龍は、「ぶれない行動指針」という意味合いから、「クレド」とは、企業における志、則ち「社志」に当たるものと、皆様には紹介してきました。

なぜ今、クレドが必要なのか?

なぜクレドが必要か?日本は今、急激な少子化により、
年々、マーケットが縮小しています。
そんな中で、企業数は相変わらずなら、
どうなるでしょうか?

そうです、過当競争に陥るのです。

このビジネス戦国時代を生き残ろうと思えば、
真にマーケットから必要とされる企業でなければなりません。

そのためにこそ、クレドが必要なのです。

「今の時代」だからこそ、クレドが必要なのです。「マーケットで必要とされる企業になるために」クレドが必要なのです。

ただし、クレドは導入しただけ、飾っているだけでは実になりません。

ページの上へ

導入しただけ、飾っているだけでは「実」にならない

「ザ・リッツ・カールトン」や「ジョンソン・エンド・ジョンソン」の
クレドをまねて、クレドらしきものを導入した企業は相当数に上ります。

しかし、その企業の多くにおいて、導入しただけの
「お飾りものクレド」になっていると聞きます。

臥龍は「お飾りものクレド」のことを、別名「造花クレド」と呼んでいます。

CSの向上&ESの向上その理由は、金輪際
実を付けることがない」からです。

なお、ここでいう「実」とは、お客様満足度(CS)の向上によるリピーター率や紹介率の向上であり、
従業員満足度(ES)の向上によるモラルとスキルとチームワークの向上であり、
更にはその両論が回ることによる好業績の実現です。

その延長線上には「業界NO.1の幸福企業」の誕生も見えてきます。

ページの上へ

「実になるクレド」となるためには?

「クレド」を花の種に例えると、実になるためには次のポイントが欠かせません。

クレドが実になるポイント

つまり・・・

「クレド」=「種」

「ビジネスモデル」がしっかり設計されていないと
「クレド」が発芽することはありません。

「ビジネスモデル」=「発芽」

トップやリーダーの熱い情熱の
見える化、語る化、動く化がないと
「クレド」は成長しません。

「パッション」=「成長」

P(プラン)→D(実行)→
C(チェック)→A(修正行動)を
しっかりと回しきらないと満開の花は咲きません。

「P.D.C.A.」=「花」

21世紀の成功企業とは「幸福実現企業」です。

「ハピネス4.0」=「実」

ページの上へ

「クレド」が実になるためのサポート

弊社は「クレド」が実になることをサポートするために以下のようなステップで
ご支援させて頂いています。以下はあくまで基本のステップです。
実際には、各社様の状況に合わせ、オーダーメイドのステップを設計し、
推進させていただいています。

ステップ1.「クレド(社志)」策定の目的をトップと共有

ステップ2.「クレド策定委員会」を編成

ステップ3.「クレド」を反映するビジネスモデルを設計

ステップ4.「クレド」の世界を実現するビジョンの策定

ステップ5.「クレド」が「企業文化(ゴールドスタンダード)」になるまでのシナリオの設計

ステップ6.「クレド」を反映したエピソードを発掘し「感動物語」として映像化

ステップ7.「クレド」制定のキックオフ大会

ページの上へ

「実になるクレド」導入に関するご相談の流れ
1.「実になるクレド」の詳細資料贈呈
資料贈呈

お問い合わせを頂いた皆様にもれなく詳細資料をお送りします。

2.無料相談会での事前カウンセリング
カウンセリング

 

3.貴社への「クレド導入プログラム」のご提案
「クレド導入プログラム」のご提案


4.プログラム細部検討&契約&日程調整
検討&契約&日程調整

 

5.「クレド策定委員会」との顔合わせ(導入講話)
「クレド策定委員会」との顔合わせ

導入講話は全従業員を対象として行うことも可能です

クレドについての資料請求・お申し込みはこちら>>>

ページの上へ

事務所移転のお知らせ

 

この度、弊社株式会社角田識之事務所・東京事務所は11月1日より下記へ移転することとなりました。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

[新所在地]
〒104-0051
東京都中央区佃
1-11-6-1610

(電話番号・FAXに変更はございません)

好評発売中!DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

 

DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

詳しくはコチラ

会社概要

株式会社角田識之事務所

東京オフィス

〒104-0051
東京都中央区佃
1-11-6-1610
TEL 03-5548-5271
FAX 03-5548-1335

広島オフィス

〒732-0052
広島市東区光町2丁目7-7
-501(ラシェール51内)
TEL 082-262-4150
FAX 082-262-4151

 

 

会社概要についてくわしくはこちら