臥龍(がりゅう)

心が変われば、すべてが変わる。
志が変われば、日本が変わる。

拝金主義から人本主義へ。
「人」を大切にする感動経営でV字回復を!

臥龍こと角田識之のインフォメーションサイト|感動経営コンサルタントサイトトップ
トップページ > 一般社団法人「志授業」推進協議会 > 「志授業(小学生版)」認定講師のご紹介

一般社団法人「志授業」推進協議会

「志授業(小学生版)」認定講師のご紹介

★講師認定No.001 井上武(いのうえたけし)
 岐阜県在住(認定日:2012年1月15日)

 

◆認定講師のプロフィール

井上武(いのうえたけし)ラブリークイーン株式会社 代表取締役会長
LFC株式会社 代表取締役社長
NPO法人岐阜立志教育支援フォーラム理事長
中部APRA 代表

生年月日 1943年5月17日

出身地 大分県 大分市

略歴
1966年 大分大学経済学部卒
1966年 丸紅入社
1973年 ラブリークイーン入社
1988年 ラブリークイーン社長就任
2009年 ラブリークイーン会長就任

好きなこと
スポーツ(マラソン・トライアスロン)、読書、旅行「世界一周船の旅」を2回

好きな本 歴史小説、経済解説書、感動物語

好きな言葉  『一生感動・一生勉強・一生青春』

 

◆認定講師の決意(抱負)コメント

臥龍さんと一緒に、2008年に「志授業」を立ち上げて、岐阜県を中心に普及に務め、
お蔭さまで、岐阜県では「岐阜立志教育支援プロジェクト」として
NPO法人も設立されました。

岐阜立志教育支援プロジェクト>>>

 

私も、「志授業」講師としてデビューし、数十回の「志授業」を行い、
子供たちから素晴しい「感想文」や「お役立ち山」を書いていただき、
本当に感動しました。このような素直で輝く子供たちが、
未来に向かって大きな「夢・志」を育てられるようにするのが、
私たち大人の役目です。「子供たちは、未来からの使者」なのです。

講師のHP>>>

出講問い合わせメールアドレス⇒ inoue_takeshi*lovelyqueen.co.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

 

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

井上武さんとは、25年に及ぶ、本当に長いお付き合いです。
しかし何を成すために出会ったのか?
その本当の理由は、「志授業」の普及を始めて明らかになったようです。
全国に「立志教育(志授業)」を普及するためには、「岐阜モデル」が
富士山のように高く、裾野広くある必要があります。
掛け替えのない同志として、今後とも、よろしくお願い致します。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.002 石川秀司(いしかわしゅうじ)
 岩手県在住(認定日:2012年1月15日)

 

◆認定講師のプロフィール

石川秀司(いしかわしゅうじ)昭和36年5月23日生まれ ふたご座 B型
国立福島大学経済学部経営学科卒業

公職
2001年:社団法人北上青年会議所理事長
2004年6月より 北上市教育委員
2007年4月から2010年3月まで 
北上市立和賀東小学校PTA会長
2010年6月より2012年6月まで 北上市教育委員長
2013年12月より 主任児童委員
現在に至る

職歴
1985年4月 有限会社石川硝子店入社 
2002年4月 有限会社石川硝子店代表取締役就任
現在に至る

資格
2級建築士
シックハウス診断士補
福祉住環境コーディネーター2級

 

◆認定講師の決意(抱負)コメント

2011年3月11日、東日本大震災発生!
これまで当たり前だと思っていたものが一瞬にして消え去り、
自然の力の前では私達人間は無力なのだと感じていました。
そんな状況でも被災地で立ち上がろうとする人々の営みの中に、
人間が本来持っている「世の為、人の為」に尽くすという力の源泉に
光を見いだした時でもありました。
人間は過去と現在を繋ぎ、そして未来のあるべき世の中の姿を
自分の人生の時間枠を超えて描く時、一番能力を発揮することを学びました。
つまり人生の縦糸としての志を掲げ、多くの経験を横糸として織りなした布は
いつの日か必ず弱き人の心を温め、傷をかばうものとなります。
私達は2011年9月に岩手立志教育支援プロジェクト実行委員会を設立し
現在ふる里の復興に寄与し地域の誇りを育む活動をしています。

岩手立志教育支援プロジェクト実行委員会>>>

出講問い合わせメールアドレス⇒ kanabow*e-oni.net
(*を@に変更してご送信下さい。)

 

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

未曾有の震災は大きな悲劇でしたが、日本人の精神性の高さを世界に示すという側面を
持ちえたことは、悲しみの中の救いとなったものです。困難に挑む大人の背中、生命を
賭して救助に当たる自衛隊、警察、消防などの天職人の背中、世界からの愛あふれる
支援などを肌身で感じた子どもたちは、21世紀日本を支える大志ある青年となる素養を
秘めているのではないでしょうか?この原石に光を当てる「岩手立志の発起人」となった
石川さんの熱き授業は、きっと多くの子どもたちの生き抜くパワーとなるものと信じます。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.003 渡邊由縁(わたなべゆかり) 
 大阪府在住(認定日:2012年1月15日)

 

◆認定講師のプロフィール

渡邊由縁(わたなべゆかり)臥龍が「当代随一のカリスマトレーナー」と信頼する研修講師。関西大手私鉄での新入若手社員の成長と定着率の向上実績は、「伝説的成果」と呼ばれている。通称「わたゆか」。
20歳の時、パートナーと共に求人広告を扱う広告代理店を立ち上げ、総務・人事・労務・経理を担当し、12年間、経営実務を学ぶ。その後飛び込んだ旅行業界においてサービスの核であるホスピタリティの神髄を、添乗員の仕事という現場を通し体得。現在在阪の鉄道会社で専属トレーナーとして契約し、勤務するかたわら、Re Connection という個人事務所の代表として、各種研修業務を行っている。主な研修テーマは、マナーの本質・新入社員ビジネスマナー研修・TA(交流分析)コミュニケーション研修・人間関係づくりトレーニング・CS研修・ポスター掲示研修・車内案内放送研修・人間力研修・クレーム分析と対応などであるが、ワーク形式でのワクワク感あふれる研修を通じ、多くの「わたゆか」ファンを掴んでいる。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

“歴史・文化・言語を忘れた民族は滅びる”と言われます。戦争経験者を親に持つ最後の世代が我々です。

それだけに受け継ぐバトンは重い。物の豊かさと反比例して心が荒廃、高い精神性はどこへやら…そんな中にあって、国際ボランティアや東日本大震災の炊出しの現場で汗をかき、必死に行動を起こす若者達にたくさん出会いました。

未来を託すこの若い世代を支えるためにも、
私は私にできること!でお役立ちしていきたい。

志授業を通して伝えたいメッセージは、人生経営の軸という種を蒔くこと、子どもたちの瞳の輝きを守ることのみならず、その親世代を応援することにもなる。この時代にこの日本という国に生まれし天命があるとするならば、私にとって、それは『人づくり』。

人の持つ無限の可能性を信じ、気づきの機会を提供することで人の心に火をつけていく。同志と連携して志授業のうねりを大きくしていくため、まずは自分自身が瑞々しい感性を持ち続け、学び続け、伝え続けます。

出講問い合わせメールアドレス⇒ re-connection*onyx.ocn.ne.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

 

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

「わたゆか」さんの「心に火を灯す講演」は、子どもたちに対しても、
きっと素晴らしい成果をもたらすことを信じて疑いません。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.004 薄井修司(うすいしゅうじ)
 兵庫県在住(認定日:2013年2月24日)

 

◆認定講師のプロフィール

薄井修司(うすいしゅうじ)株式会社ウエルネスサプライ 代表取締役
株式会社ウエルネス・ファーム 代表取締役、
株式会社輝きファクトリー 会長、
内閣府認定NPO法人 真おやじ塾 塾長 

1958年兵庫県西宮市生まれ。
1982年関西学院大学文学部卒業。
1982年クリナップ株式会社入社。
1983年株式会社関西テレビライフ入社。
1993年株式会社ウエルネスサプライ創立。
2007年関西学院中学部・2010年高等部育友会幹事長、2011年より関西学院後援会常務役員

◆認定講師の決意(抱負)コメント

阪神大震災で多くの命が失われた中、自分は生きていた。会社も震災で仕事を失ったにも拘らず、多くの人に助けられて存続することができました。自分も会社も生かされた。
だから、有意義に生きたい。自分も会社も誰かの為になり、お役にたちたいと思っています。
そんな中、志授業に出会いました。「子ども達は未来からの使者」という言葉に大変共感いたしました。夢を描き、お役立ち山を描き、それに進んでいる子ども達の発表を見て驚きました。自分の子どもはみんな成人していますが、志授業を受けさしてやりたかったと思いました。今、一人でも多くの子どもに志授業を受けてほしいです。私が主宰している「NPO法人真おやじ塾」のおやじ十ヶ条の中に ”一、おやじは子どもの夢を知っていて、それを応援する。”というのがあります。それが大人のつとめだと思います。微力ですが認定講師として、是非お役にたちたいと思います。

出講問い合わせメールアドレス⇒ usui*wellness-supply.co.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

薄井さんは、優れた経営者であると共に優れた教育者です。薄井さんが社長を務める会社は、人財育成には定評があります。またNPO法人 真おやじ塾の塾長として、アウトドアの中で、逞しいお父さんつくりも多数支援してきています。この経験を活かして、小中学生の立志支援にまい進して欲しいと期待しています。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.005 大橋拓幸(おおはしひろゆき)
愛知県在住(認定日:2013年2月24日)

 

◆認定講師のプロフィール

大橋拓幸(おおはしひろゆき)株式会社アイチパック 代表
わくわくライフサポート守山 代表

1970年 名古屋市生まれ名古屋育ち
1993年 辻村宏和先生に師事し経営組織論、企業論を学び中部大学経営情報学部を卒業
1993年 株式会社和信化学工業に入社し東海3県を営業として走り回る。
1996年 株式会社アイチパックに入社し会社経営の歩みをスタートする。
2012年 株式会社アイチパックの新規事業部として地域貢献を目指し
ヘルスケアもりやまを立ち上げる。
2013年 守山区社会福祉協議会 第三次地域計画策定委員として地域福祉計画策定に携わる。また、わくわくライフサポート守山を立ち上げ守山区に住む方が健康でわくわくした暮らしのお手伝いをする運動・食事・のイベント・教室を行う。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

私は子供の頃、徳川家康、野口英世、エジソン、キュリー夫人などの偉人伝を読むのが大好きでした。「志」は他人が決めるものでもなく、他人から与えられるものでもありません。自分の「志」は自らの心の中にしかありません。そんな私も「志」を決めるまでには、壁にぶつかり、時には迷い、時には「志」が見えなくなったり、を繰り返し現在の「志」を持つに至りました。そんな時にヒントや支えになったのは偉人たちの足跡でした。私も子供たちにかっこいい大人の背中を見せたい。子供たちに志を持って生きる素晴らしさを伝えたい。子供たちと共に素敵な未来を創りたい。そんな思いで「志授業」に取り組んでおります。

出講問い合わせメールアドレス⇒ wakuwakumoriyama*gmail.com
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

大橋さんは、社長業の傍ら、地域の問題にも積極的に取り組まれています。子どもたちに道徳心を持った生き方を伝えるには、適任かと思います。期待しています。頑張ってください。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.006 服部美記(はっとりみき)
 岐阜県在住(認定日:2013年8月25日)

 

服部美記(はっとりみき)◆認定講師のプロフィール

岐阜県生まれ。大学卒業後、老舗菓子メーカー勤務を経て、オーストラリアに留学。帰国後は子ども英会話講師を7年間務める。幼児から中学生まで常時100名を担任。100組の家族との関りの中で、子どもが志を持ち、親をはじめとする周囲の大人たちがその志を応援する重要性を実感。

現在は、講師としての枠を拡げ、高校・大学・専門学校にてビジネスマナーや就職支援の授業を持ち、また企業研修も行っている。企業研修では「好感を持たれるマナー・接遇研修」、「利用者と家族の満足のための介護施設職員研修」等を展開。そして、教育委員会主催の幼稚園・小学校・中学校の教員対象コミュニケーション研修も担当する。またキャリアカウンセラーとして、カウンセリングも行っている。『ミキ先生の研修は何度も受けたい』の声を力に、今日も邁進中。

【資格】高等学校教諭一種免許、小学校英語指導者資格、図書館司書、司書教諭、社会教育主事、キャリアカウンセラー(CDA キャリア・デベロップメント・アドバイザー)


◆認定講師の決意(抱負)コメント

せっかく入社した会社を3年以内に離職する若者が3人に1人の時代です。私自身も、大学卒業後に就職した会社を1年で退職し留学、帰国して再度職についた時に、やっと明確な志を持つことができました。我武者羅にした大学時代の就職活動も、それを経てやっと入社した会社での仕事も、有り難い経験ではありますが、自分を情けなく思う苦しい日々、暗中模索でした。子どもの頃から志を明確に持てていたら、もっと早い段階で好きな仕事に飛び込むことができたと思います。たった一度の人生、一人でも多くの子どもたちに好きな仕事に就いてほしい。また、苦労をしながらでもその仕事を極めていってほしい。好きな仕事だからこそ、辛いことも乗り越えていけるからです。いま、キャリアカウンセラーとして就職支援をしていて切に感じます。子どもたちの心の奥まで志授業を届けたい。そのために日々精進しています。

出講問い合わせメールアドレス⇒ info*hattorimiki.com
(*を@に変更してご送信下さい。) 

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

服部さんは、元々、教育指導のプロであり、子どもたちとの接点も多く持たれてきました。その経験と「志授業」のエキスがハイブリットされた立志教育は、その成果が楽しみです。期待しています。頑張ってください。

ページの上へ

 

 

★講師認定No.007 北村彰規(きたむらてるき)
 石川県在住(認定日:2013年8月25日)

 

北村彰規(きたむらてるき)◆認定講師のプロフィール

1981年9月27日、大阪府泉南市生まれ。
2003年 関西大学文学部哲学科卒
2003年 大阪府下の某衣料品卸会社に就職
2009年 石川県金沢市内の学習塾での塾講師に転職、以来キャリア教育講座の開発、推進を担当、現在に至る。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

子どもたちに、「社会に出て働きたい!」、「かっこいい大人になりたい!」と思ってもらえる世の中を作りたいと願っています。「志授業」を通して、子どもたちが今よりもっと期待感を持って、社会に出ること、働くことに対して考え、行動できるよう活動してまいります。

出講問い合わせメールアドレス⇒ rissiisikawa*yahoo.co.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

北村さんの教育姿勢には、かねがね尊敬の念を持っています。「知育」ありきから「志育」ありきへのかじ取り姿勢には、本当に素晴らしいものがあります。子どもたちから抜群に信頼される北村さんの「志授業」の講師デビューは、立志教育の発展にとっても期待大なるものがあります。頑張ってください。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.008 山下耀広(やましたようこう)
 岡山県在住(認定日:2014年3月9日)

 

山下耀広(やましたようこう)◆認定講師のプロフィール

1953年5月 広島県江田島市(現在)生まれ
1978年 同志社大学工学部卒業後、
      医療機器商社に入社。
1993年 医療法人サン・クリニック開設と
      同時に事務長就任、現在に至る。
また、2009年には浄土真宗本願寺派の僧籍を
取得。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

早い時期に自分の「お役立ち、使命」に目覚めることが、子ども達にとってどんなに
素晴らしいことかをもっとも体感しているのは、この私ではないかと思います。
なぜなら私の長男が12歳の時、角田識之先生の「ワクワク立志セミナー」を受講させて
頂き、その時の息子の「志」が、自分の夢・目標に向かう原動力にどれ程大きな影響を
与えたかを心底感じたからです。
人づくりは、国づくり。「何のために学び、どのように社会に役立ちするか」という
素志を明確にすること、すなわち子ども達一人一人が「志を立てる」ことが
子ども達一人一人の人生にとって、そしてこの日本という国にとっても重要なことです。
志教育を受けた子ども達が豊かな人生を歩み、さらに日本という国が人類の公益に
貢献できるよう支援させて頂ければ幸いです。

出講問い合わせメールアドレス⇒ joumon*muse.ocn.ne.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

臥龍の1990年代に行った初期の「志授業」で息子さんが立志され、
お医者さんに成られたというご縁も不思議です。
山下さんは、岡山立志教育支援プロジェクトの事務局長として、
獅子奮迅のお働きをしていただいています。今後は「志授業」の講師としても、
益々ご活躍のことと思います。「未来からの使者」である岡山の子どもたちも、
きっと声援を送っていますね!

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.009 岡野倫之(おかのみちゆき)
 岡山県在住(認定日:2014年6月22日)

岡野倫之(おかのみちゆき)◆認定講師のプロフィール

岡山県公立小学校教諭 岡野倫之
生年月日1981年 2月24日
出身地 岡山県倉敷市
略歴
2001年 岡山大学教育学部卒
2002年 岡山県公立小学校教職員として,
    岡山県倉敷市の小学校に勤務
2013年 自然の中で暮らし,心の通い合う子育てを
    家族で決意,岡山県備前市に移住,転勤
2013年 アイナリーホールにて,臥龍先生の立志教育講演会に参加,
    公教育における立志教育の必要性を確信。現在に至る。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

私は,小学校教師という職業柄,毎日たくさんの子どもたちと出会い,接します。
毎日,目をきらきらと輝かせて,学習に遊びに楽しく過ごす子どもたち,日々ぶつかり,
衝突を繰り返しながらも成長を重ねる子どもたちを見ていると,「子どもは未来からの使者,子どもこそ,日本の宝物」ということを,腹の底から感じます。
私たち,大人は,教師は,こうした子どもたちと日常の暮らしを共にする中で,
「知識」以外に何をプレゼントできるのだろうと日々感じていたときに出逢ったのが,
臥竜先生であり,「立志教育」でした。「立志教育」こそ,子どもたち自身の力で,
幸せな未来を描き,力強く未来に向かって歩むことができる未来への使者への
最高の贈り物になると私は確信しています。
「お役立ち山」で,「郷土の偉人の生き方」を学び,自身のお役立ち山を思い描く。
そして,自分自身の「想い」を明確にし「志」に昇華させ「夢作文」にしたためる。
それが「仕事」から「志事」につながる下地づくりとなる…。すべての子どもたちが
そんな教育を受けられたら,どんなに素敵で幸せなことだろう,微力ではありますが,
「未来から使者」である子どもたちへ「立志教育」を贈ることに貢献したいと思います。

出講問い合わせメールアドレス okanomichi*i.softbank.jp
(*を@に変更して御送信ください。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

岡野先生は、現職教師における記念すべき認定講師の第一号です。第一号であるだけでなく、その試験における模擬授業の内容は、審査員の大きな感動を呼びました。日常の授業の中で、どれほど子ども達に愛情を注いているか、その証は「創意工夫」の積み重ねで分かるということを実感いたしました。素晴らしい「教師魂」に触れ、感動です。今後、岡野先生に引き続き、現職教師の皆さまでの講師誕生を祈念しております。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.010 野村一裕(のむらかずひろ)
 岡山県在住(認定日:2014年6月22日)

野村一裕(のむらかずひろ)◆認定講師のプロフィール

昭和31年、下関市で生まれる。宮崎の大学を卒業後、大阪市に本社を置く食品会社に就職。和歌山市、奈良市への転勤を経て、岡山市に転勤。岡山市で五年間の勤務を経た後、退職。
前職を退職した後、友人とともに「リコーダーをおくる会」を設立、事務局長を務める。日本の子どもたちが使わなくなったリコーダーを寄贈してもらい、社会福祉施設で洗浄してもらった後、フィリピンの現地ボランティア団体の協力を得て、現地の子どもたちに送らせていただいている。また小学校のPTA会長も、平成22年からつとめている。現在の職業は神職(黒住教教師)。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

身の周りを見渡してみると、自分さえよければ、自分さえ幸せになれればそれでいいと考えている人の多いことが気になります。自分の身の周りの人々、地域社会、ひいては、この国の人々が幸せを感じる環境が整えばこそ、安心して、幸せに過ごすことができるものだと信じています。濁った水の中に身を置いておきながら快適に過ごすことができる道理はないのです。
岡山版の副読本で取り上げた山田方谷先生、人見絹枝さん、大原孫三郎さんは、周りの人々、後に続く人々が過ごしやすいようにということのみを考えて、与えられた人生を他人様のために捧げられました。それゆえに多くの人々を惹きつけ、魅了したのだと思います。
志授業の講師にして、その点を子供たちに伝え、一人ひとりが幸せで充実した人生を送ることができるよう、その支援をしたいと思います。子供たちが幸せに生きる手伝いが出来る立志教育=志授業は素晴らしいと思います。教育現場では、いろいろと困難なこともあろうとは思いますが、お役に立つことができれば有り難いことだと思います。

出講問い合わせメールアドレス reco*mx3.tiki.ne.jp
(*を@に変更して御送信ください。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

「リコーダーをおくる会」の仕組みは素晴らしいものです。志授業の副読本にあるクリキンディの逸話ではありませんが、人は無力ではありません。「微力」はあります。「微力を完全燃焼すれば、その想いは世界に届く」ということを教えていただきました。岡山立志から未来の志士が生まれますよう、野村さんのご活躍を祈念しています。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.011 土屋美佳(つちやみか)
 岐阜県在住(認定日:2014年8月10日)

土屋美佳(つちやみか)◆認定講師のプロフィール

Healing Salon 月下香・代表
龍馬プロジェクト・東海副ブロック長
一般社団法人政経倶楽部連合会・名古屋支部・副事務長。

1977年 岐阜県岐阜市生まれ。
1998年 岐阜大学医療技術短期大学部看護学科卒業
     (現岐阜大学医学部看護学科)。
1999年 株式会社デンソー入社。
2006年 社会保険中央総合病院入職。
2012年 Healing Salon 月下香開業、現在に至る。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

子どもの頃、家庭の事情や繰り返す体調不良のために、未来に希望を持つことが難しい状況でした。ですが、今ようやく、未来には無限の可能性があることを実感し、人生を楽しめるようになりました。
現代の子どもたちは、恵まれた生活環境にあっても、悩み苦しんでいる子が多いそうです。「働く」ということをまるで拷問かのように考えている学生も少なくないとのこと。しかし、「働く」ということは、実は自分自身が幸せになる方法だということ、「志」を持てば何者にでもなれるという希望があることを、ぜひ「未来からの使者」である子どもたちに伝えていきたいと考えています。
気づくタイミングが早ければ早いほど、可能性は広がります!

出講問い合わせメールアドレス gekkakou77*gmail.com
(*を@に変更して御送信ください。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

土屋さんは社会志産を遺す想いの強い、バイタリティあふれる現代のジャンヌダルクのような人です。志授業の検定試験では、その情熱に子どもたちに分かり易い工夫も加えた素晴らしい授業を見せてくれました。土屋さんの授業を受けた子どもたちが、素晴らしい未来を建設する様が浮かぶようです。期待しています。

ページの上へ

 

★講師認定NO.012 橋本英雄(はしもとひでお)
 大阪府在住(認定日:2014年8月17日)

橋本英雄(はしもとひでお)◆認定講師のプロフィール

アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社 代表取締役
生年月日 1968年4月12日
出身地  大阪府枚方市

略歴
1992年 関西大学法学部政治学科卒
1992年 株式会社リクルート入社
1996年 朝日化工紙株式会社
(現アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社)入社
2004年 アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社代表取締役就任
2006年 大阪府枚方市立船橋小学校PTA会長
2008年、2009年 大阪府枚方市立招提北中学校PTA会長
2010年、2011年 大阪府枚方市立招提北中学校区地域教育協議会会長

◆認定講師の決意(抱負)コメント

私は小学校から大学までずっと野球少年でした。野球からたくさんのことを学ばせてもらいました。肉体を鍛え、精神力を養い、礼儀作法を身につけました。また甲子園出場、プロ野球選手になるという夢ももらいました。いづれの夢も叶いませんでしたが、野球を通じて『人を喜ばせる仕事がしたい』という志を得ることが出来ました。また自営業で厳しい父親からの躾けから『人の役に立つ仕事をする』ことが人としての価値であるということを教えてもらいました。
今、父親として経営者として子供たちの未来のために志を伝えていく立場になりました。小中学校のPTA会長をさせていただいた時、夢と希望に溢れ、目をキラキラ輝かせた小学生が成長するにつれて元気をなくしているように見え、子供たちに夢を見させることが出来ない社会に責任を感じておりました。
また3年前から新卒採用を始めたのですが、1000人以上の学生さんと面接を重ねていく中でみんなスマートで良い子ばかりなのですが、大志を語ってくれる学生さんと出会うことは出来ませんでした。その現実に強い危機感を感じている時に『立志教育』に出会いました。10歳から将来を考える力を持てるようになること、その時点で志と使命感の大切さを教えることが、日本の衰退を救うことに繋がると確信しました。
日本の未来のために、子供たちの立志力向上こそ必要だとの想いで、このほど認定講師になりました。志授業を通じて、子どもたちの未来が輝くことを願っています。

出講問い合わせメールアドレス hashimoto*pop-asahi.jp
(*を@に変更して御送信ください。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

橋本さんは、リクルートという大企業、お父様から引き継がれた中小企業の両方を、従業員そして経営者として体感され、子どもたちのキャリア教育にとっては、生きた題材ともいう方です。また野球を通じて得たチームワークとリーダーシップの感覚も素晴らしく、志授業の講師認定試験でも高得点で合格されました。自分がもし小中学生であれば、是非、橋本さんから志授業を受けたいと思うほどでした。橋本さんが、子どもたちから、素晴らしい情熱を引き出す場面を今から想像し、ワクワクしています。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.013 酒井志郎(さかいしろう)
 長野県在住(認定日:2014年8月25日)

酒井志郎(さかいしろう)◆認定講師のプロフィール

株式会社 酒井商會(自動車販売・整備)
マツダオートザムスザカ 代表取締役社長

生年月日 1964年12月20日
出身地  長野県須坂市
1985年 関東自動車大学校国家整備士科卒
1985年 長野トヨタ自動車㈱入社
1989年 株式会社酒井商會入社
2001年 代表取締役社長就任
2006年 須坂市少年硬式野球連盟副会長
信濃グランセローズ後援会幹事・理事
2013年より「ミスター・笑顔・挨拶の伝道師」として地元中学校を中心に開催する。
『あいさつ・コミュニケーション研修』が大変好評!

◆認定講師の決意(抱負)コメント

人間は誰でも無限の可能性を持っています。「子どもは未来からの使者」。
立志教育を通じ、志を持った、自立した生きる力の強い子どもたちが、無限の可能性を発揮する、「笑顔溢れる世界で一番しあわせな国・日本」の為、微力を尽くします。
Be a driver ~自分の人生の主人公になろう・人生のドライバーになろう~

出講問い合わせメールアドレス shiro*sakai1910.co.jp
(*を@に変更して御送信ください。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

酒井さんは、「本気で生きること」という情熱の伝道師であると共に、挨拶やコミュニケーションなどの「社会人の基本」もしっかりと教えてくれる方です。長野県での認定講師第一号としての益々のご活躍を祈念します。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.014 入江元太(いりえげんた)
 埼玉県在住(認定日:2014年9月15日)

入江元太(いりえげんた)◆認定講師のプロフィール

株式会社 入江感動経営研究所 代表取締役
経済産業大臣登録 中小企業診断士
愛と感動の福祉経営研究会 事務局長

1975年1月 福岡県生まれ~東京育ち
1997年3月 慶應義塾大学 経済学部 卒業
1997年4月 日本電気株式会社 入社
関西支社~四国支社にて
営業・人財育成を担当
2009年2月 日本コンサルティングブレーン株式会社 入社
人事制度構築、人財育成研修を担当
2010年10月 株式会社 入江感動経営研究所 創業
スタッフのモチベーションが200%UPし、
離職率5%以下の組織をつくる研修講師として、活動中

◆認定講師の決意(抱負)コメント

「志授業」認定講師となり、さっそく、認定こども園の保育士の先生方50名に、志授業を行うという機会をいただきました。皆さまが楽しそうに「お役立ち山」「夢作文」を書いている姿を見て、立志教育の意義

を実感しました。先生方からいただいた感想は、このようなものばかりです。

『「志」という言葉は小学生の道徳の授業以来、耳にすることは少なかったのですが、今回「志」という言葉は自分のためのものだけではなく、他の何人もの人のためでもあることを知り、たった1文字でも、その重み、大切さを感じました。私は「志」があれば、自分にでも、たくさんの人をいろいろなことで助けていけるのではないかと思います。また、この「志」によって、多くの人の心の架橋になっていけるよう、これからも前を向いて、自分らしく生きていきたいと思えた授業でした。』

これからも、立志教育の必要性をお伝えし、立志大国・日本が世界平和を導く。そんな道を切り拓きます!!!

出講問い合わせメールアドレス g-irie*irie-kando.com
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

入江さんは、福祉の業界に広いネットワークを持っておられます。ある意味、最も「志」が必要なお志事です。業界の内外に広く「立志教育」の必要性を普及いただけることを、祈念しております。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.015 松岡博巳(まつおかひろみ)
 東京都在住(認定日:2014年9月21日)

松岡博巳(まつおかひろみ)◆認定講師のプロフィール

生年月日 1956年10月21日  出身地 東京都

略歴
1956年 東京都中央区で誕生
1963年 墨田区立 言問小学校入学
1969年 墨田区立 墨田中学校入学
1972年 東京都立 小松川高校入学
1977年 専修大学 人文学部 入学
1981年 株式会社日経PR 入社
1992年 ソニー生命保険株式会社 
    ライフプランナー ファイナンシャルプランナー
    営業一筋21年
2005年「元リッツカールトン支社長 高野登様」、「感動の伝道師 臥龍(角田識之)先生」と出逢い、『継続』をキーワードに毎週連続して契約を頂くことを決め、現在450週(9年間)の記録を更新中。
2006年 臥龍関東本気塾 世話人代表

セミナー実績 (民間企業、農協、各団体等)
「一瞬で相手の懐に入る心と技の”営業術”」、「営業成績の連続安打を実現する”松岡流セールスのこころと技”」、「本気力が営業成績の連続安打を実現する~氷山の海面下のABC努力は、自分を裏切らない~」、「一回の出会いで、生涯顧客に育てていくノウハウ~お客様をファンにさせる感動コミュニケーション~」 
参考URL サイト:CPI会社力研究所 http://www.kaisharyoku.jp/about/staff.html
書籍:「サービスを超える瞬間」(実例実践編)かんき出版

趣味:読書、旅行、映画
好きな言葉 :出会いと体験の中に、自分の使命が隠されている!

◆認定講師の決意(抱負)コメント

臥龍先生の「立志教育(志授業)」を初めて聴いた時、この授業はもの凄い!この話を小学校5,6年生の時に聴くことができれば、将来の自分の人生の「志の道」は開ける、幸せの源泉を持つことができる。体に、電流が走るように、確信致しましました。私が、志を持ち、自分の使命感を掴み始めたのは、35歳ぐらいからで、遅咲きの人生だとおもいます。人生を幸せに生きることを、深く追求ぜずに、自分のことばかりが幸せになれば良いと思う自分に、違和感を覚えたいた頃からです。多くの5,6年生にこの「立志教育(志授業)」が伝わり、お役立ちと山登りと夢作文を作ることを「伝えていきたい!」。それが、私が=(松岡)私のできること(「クリキンディ」のように)。そのために「命」を使いたい、こころから思うことができました。人生の中で、志を発見する機会は、多くありますが、二分の一成人式(10歳)手前からを良いチャンスと捉えて、どうぞお声がけください。

出講問い合わせメールアドレス sonylife*ba2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

松岡さんは、一言で言って「継続の人」です。志や夢を実現する一番のポイントは、「あきらめないこと=継続」です。松岡さんの優しいお人柄に秘められた「芯の強さ」、そういう本質が子ども達に伝わることを願っています。

ページの上へ

 

★講師認定NO.016 松井裕志(まついひろし)
 鳥取県在住(認定日:2014年10月12日)

松井裕志(まついひろし)◆認定講師のプロフィール

鳥取県立高校教諭 (保健体育)
1961年7月29日生まれ
出身地 鳥取県八頭郡若桜町

略歴
1984年 鳥取大学教育学部卒業
1985年~1998年 鳥取県公立小学校、中学校勤務
1999年~2000年 鳴門教育大学大学院で運動力学を学ぶ
2001年 鳥取公立中学校勤務
2009年 鳥取県立高校勤務
2013年 立志教育支援フォーラムin岐阜に参加。このご縁がきっかけで心に火が付き、現在に至る。

◆認定講師の決意(抱負)コメント

野球少年だった私は、中学校1年の時に一冊の本に出会いました。この本のおかげで私は、自分の将来の「夢・目標」そして、「素志」を抱くことができました。その後も、人生の転換期と思われる時には、いつも素晴らしい本や人との出会いがあり、心が揺れる私に、「人生の北極星」を示していただきました。

私が最も尊敬する方の一人、西郷隆盛の「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己を尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ねるべし」という言葉に出会い、私は自分の志を次のように決めました。「私は己を尽くすことで、私に関わる人や集団が、その持てる力を十分に発揮して、生き生きと成長し、人や社会に貢献する人物になること。そして、世界平和をもたらすべく『幸福な日本』を打ち立てる『平成の志士』の育成に渾身の力を振り絞る」。 少し恥ずかしい気もするのですが、この志を持って、多くの子供たちの心に火がつけられるように、さらに精進していきたいと思います。

私は、親から頂いた「裕志(ひろし)」という名前が大好きです。この名前は「広く豊かな志を持った人になってほしい」という両親の願いが込められています。私は、志授業や立志教育を通じて、「自分のことが大好きで、そして人のことも大好きになり、みんなで幸せな未来を創っていく」、そんな子供たちの力になりたいと思います。

出講問い合わせメールアドレス hmatsui*chukai.ne.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

松井先生は、流石に現職の先生です。しかしそれだけで、認定試験の最高クラス点数にはなりません。一場面、一メッセージ毎に、本当にきめ細かい配慮を積み重ねられていました。こちらが本当に勉強になりました。鳥取県初の認定講師です。今後の横展開が楽しみです。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.017 鈴木竜太(すずきりょうた)
 愛知県在住(認定日:2014年11月6日)

鈴木竜太(すずきりょうた)◆認定講師のプロフィール

株式会社トッパ堂 代表取締役社長
生年月日 1968年12月6日
静岡県 沼津市生まれ 愛知県 岡崎市&豊橋市育ち

略歴
1991年 専修大学経営学部卒
1991年4月、株式会社リコーに入社。
1995年4月、家業のOA機器販売店、
      有限会社トッパ堂事務器へ入社。
2010年8月、株式会社トッパ堂代表取締役社長に就任

述べ1000件以上を超える企業様への訪問営業で培ってきた現場での実践と、心理学や実践的なコミュニケーションスキルを融合したスタッフ育成研修、セミナー、講演、コーチングを通じて「人を育てられる人」の育成を行っている。

尊敬する人:吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬

好きな言葉:『おもしろき こともなき世を おもしろく』『あきらめない夢は終わらない』『志を立ててもって万事の源となす』

◆認定講師の決意(抱負)コメント

子供にとって何よりも一番の勇気は、自分のことを見てくれて、心から応援してくれる大人の存在。

そして、たった一人でも自分のことを信じてくれれば、決して孤独にはならないということを、私は両親や様々な先生を通じて学んできました。

私は、子供たちが心の底から大好きです。純粋な目、一生懸命全力で歓び、悲しみ、怒り、心の底から笑う子供たち。その笑顔を絶対に絶やしてはいけないと思っています。

今から8年前、私は一つの夢と目標を立てました。「子供たちが未来を夢見ることが出来る社会を創りたい!そして、子供たちの前で話をする仕事がしたい!」

その2年後、夢の一つが実現します。中学校2年生の子供たちに対して5年間毎年、「大人になるってとっても素敵なことなんだよ!」という授業を皆さんの前でお話をさせて頂く機会に恵まれました。

そして今、その夢は志へと変わり、この立志教育という素晴らしい活動に出会いました。「子供、若者たちに『本当の笑顔』を与えられる大人になる!」という私自身の使命の為に、挑戦し合格をした志授業認定。

「早く大人になりたい!」「スズリュウ先生みたいな笑顔あふれる大人になりたい!」子供たちがそんな思いを持って未来を夢見ることが出来るよう、立志教育を通じて、子供たちに最高の笑顔を届けて行きます。

出講問い合わせメールアドレス suzuryu*toppa-do.com
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

鈴木先生(ニックネーム:スズリュウ先生)の元気さと豊富な研修経験で、きっと子ども達の「立志の芽」は芽吹くことと思います。愛知に「立志の炎」を!期待しています。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.018 辻博恵(つじひろえ)
 愛知県在住(認定日:2014年11月6日)

辻博恵(つじひろえ)認定講師のプロフィール

株式会社トッパ堂 副社長
出身地 愛知県 蒲郡市

応仁の乱にて織田信長にその才を認められ、現蒲郡の地方武士として長年蒲郡を統括してきた千賀家の長女として出生。

父が公認会計士となり、昭和47年に自宅にて事務所を開業。以来、会計一家に囲まれ、気が付いたときには税務の仕事に携わる環境に・・・。 その傍ら、夏は、株式会社 JPインターナショナル・日本職業潜水教師協会のサブインストラクターとして、 冬は、大好きなスキーを楽しむ一方、書家としても28回東洋書芸院公募展桑鳩賞入選、後藤青岱に師事免許皆伝、3歳から赤堀流・赤堀鶴幸に師事し10代にて師範、華道・茶道・剣道と日本の着物をこよなく愛す辻です。

15年前に長男がシュタイナー幼稚園入園がきっかけで ルドルフ・シュタイナーと運命的な出会をする。それまで、子育てにとても悩んでいた私は、今までの霧が晴れるかのような思いでシュタイナーの教育観に開眼しました。園の副園長 堀内節子先生ががシュタイナーの人智学の権威ということもあり、 シュタイナーの学びを実践するとともに、6人の子供をもうける事になります。

現在は、6人の子育てと共に、社会に復帰し、 世の中の女性の味方になるべく活躍中。その中でも、子育て中のママを助けるべく、様々な講座を設けています。日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー取得、悩めるママの救世主として様々な展開を試みています。

認定講師の決意(抱負)コメント

私が子供たちに輝く未来を創るお手伝いを少しでもしたい!と思ったのが、今から約5年前。その当時は、まだまだ子供たちは小さく、一体、自分には何ができるか?と考えた時、幼稚園での行き返りの時間や、昼間の空いた時間を利用して、 お母さま方の悩みや子育て相談にのっていました。

世の中の大人たちが、これほどにまで不安であれば、それをお手本としている子供たちの心境は、いかばかりか・・・。そう思うと、世の中のお母さん方の心の重荷を少しでも軽く、そして、大人たちが光り輝くお手伝いをすることが、未来の子供たちを輝かせることができるのではないか?と思ったのが最初のきっかけでした。

そんな思いから、シュタイナーの学びを元にした社員研修、人材育成、人財採用、コーチング、そしてセラピストとして少しでも輝く大人たちを創っていくと共に、「志授業」を通じて少しでも多くの子供達に素敵な未来を実現して欲しいと痛切に願っております。「子供たちが、自分らしく生きられるように・・・」

皆様に私の熱い想いが少しでも伝わる様、精いっぱい伝えていきたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

出講問い合わせメールアドレス hiroe.tsuji*toppa-do.com
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

辻さんは、6人の子育てと仕事を立派に両立されています。もうそれだけで「小さな偉人」です。日本の歴史の大部分は、普通の人々の「公心(志)」で成り立っています。辻さんの元気な授業で、愛知に「立志の炎」を!期待しています。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.019 半田和徳(はんだかずのり)
 東京都在住(認定日:2014年11月9日)

半田和徳(はんだかずのり)◆認定講師のプロフィール

リハプライム株式会社 営業部 部長

1983年 宮城県石巻市生まれ
2006年 国士舘大学文学部教育学科卒業
2006年 株式会社メガロス入社
2011年 リハプライム株式会社入社
創業メンバーとして営業の全てを任される。
高齢者の尊厳を護り、自己実現・生きがい創造のサポートをしていくことでハッピーリタイアメント社会の実現!それが私の志です!

◆認定講師の決意(抱負)コメント

志授業を通して、早く大人になりたい!働きたい!自分もお役立ち山に登りたい!そんな子ども達を増やしていきたいと思っています!

私は大学の近くに松陰神社があったことがきっかけで、吉田松陰先生の考えに触れ、ファンになりました。吉田松陰先生の熱き言葉に救われたことが何度もありました!授業の中でも「志を立てて以て万物の源となす」と志を立てることが幸せのスタートであると、子ども達に伝えていくのですが、現代の松陰先生になれるよう熱く熱く子ども達と向き合っていきたいと思います!!

出講問い合わせメールアドレス handa*kinoukaifuku.com
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

半田さんは、若いながら、安定した上場企業を退職し、真にご老人や障がいある方々に「敬意」を払う志ある介護事業の立ち上げに参加されるように、まさに「立志の生き方」を見せています。彼の真摯な姿勢は、「志授業」を通じて、きっと子ども達にも伝わるものと信じます。

ページの上へ

 

 

★講師認定NO.020 森健次朗(もりけんじろう)
 兵庫県在住(認定日:2015年1月10日)

森健次朗(もりけんじろう)◆認定講師のプロフィール

株式会社集中力 代表取締役
集中力プロデューサー®
一般社団法人 日本集中力育成協会 代表理事

1963年 長崎県南島原市生まれ
1989年 国立名古屋工業大学大学院修了
1989年 ミズノ株式会社入社
    (商品開発本部ウエア開発研究室配属)
    オリンピック競技ウエア(水着、陸上ウエア等)の
    研究開発に従事。
2004年 元気塾設立(学習塾、カイロ整体院)
2011年 アーティストファクトリー・ジャパン株式会社設立
2012年 株式会社集中力へ社名変更し現在に至る

◆認定講師の決意(抱負)コメント

私は、スポーツメーカーを退社後、約8年間、学習塾を経営し、平成生まれの子供たちと接する機会に恵まれました。彼らと接してつくづく感じましたのは、平成のバブル経済が崩壊し、就職難、情報やモノが豊富に溢れてるこの時代こそ、益々、子供時代に、今後、どういう人生を歩んでいくのかという自分なりの指針を持って社会に出る事が必要不可欠であるという事でした。

今後、認定講師として、全国の小学校にて「志授業」を実施させていただきますが、まずは、「人生経営の社長」「志・使命感」「お役立ち山」「夢作文」等のキーワードが、小学生や教育関係者には、身近な言葉となり、誰もがその定義と具体例を話ができるように広めていくことが、認定講師としての使命であると考えております。

これから、益々、使命感に溢れた認定講師が誕生し、「志授業」が毎日、全国のどこかの小学校で行われ、将来的に、この日本という国が、世界中の人々の「人生を幸せに生きる」良い手本となる国になることを信じております。

出講問い合わせメールアドレス info*syutyuryoku.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

森さんは、多くの一流アスリートに触れる中、成功する競技者の志の高さに感銘を受けてこられました。講師業としては既に一流領域にあり、子ども達への講話経験も豊富な森さんの講師加盟は、本当に心強いことです。期待しています。

 

★講師認定NO.021 近藤一成(こんどうかずなり)
 鳥取県在住(認定日:2015年2月7日)

近藤一成(こんどうかずなり)◆認定講師のプロフィール 

1970年12月8日生まれ
出身地 鳥取県西伯郡大山町

略歴
1995年 鳥取大学教育学部卒業
1995年~1996年 鳥取県公立中学校勤務
1997年 運送関係、大山スキー場での
      アルバイト生活
1998年 鳥取県公立中学校、小学校勤務
1999年~2000年 遺跡の発掘、日交バスでアルバイトをしながら、ダンスを習う。
2001年~ 現 在  鳥取県公立中学校、小学校勤務

◆認定講師の決意(抱負)コメント

「人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず。・・・(森信三先生)」の言葉をよく思い出します。この立志教育に出会ったのも、出会うべき時だったと感じています。立志教育と出会って、今まで、志が自分にはなかったことに気付きました。だからこそ、私の今までの経験をもとに、「志をもって生きることの大切さ」を次の世代に伝えていきたいと思います。感謝の気持ちを忘れず、人々の役に立てるよう努めたいと思います。

出講問い合わせメールアドレス  konmk*sea.chukai.ne.jp
(*を@に変更してご送信下さい。)

◆一般社団法人「志授業」推進協議会 理事長・臥龍による激励コメント

近藤先生は、現職教師らしく、本当に子ども達に添った授業をされます。またお若いときには、ミュージカル俳優を目指しただけあって、素晴らしい言力です。是非、鳥取の未来からの使者たちに「立志力」を与えてあげてください。期待しています。

 

<<< 一般社団法人「志授業」推進協議会のページに戻る

ページの上へ

好評発売中!DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

 

DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

詳しくはコチラ

会社概要

株式会社角田識之事務所

東京オフィス

〒104-0052
東京都中央区月島
2丁目13-11-1203
TEL 03-5548-5271
FAX 03-5548-1335

広島オフィス

〒732-0052
広島市東区光町2丁目7-7
-501(ラシェール51内)
TEL 082-262-4150
FAX 082-262-4151

 

 

会社概要についてくわしくはこちら