臥龍(がりゅう)

心が変われば、すべてが変わる。
志が変われば、日本が変わる。

拝金主義から人本主義へ。
「人」を大切にする感動経営でV字回復を!

臥龍こと角田識之のインフォメーションサイト|感動経営コンサルタントサイトトップ
トップページ > イベント >仙台・感動企業視察ツアー

イベント

仙台・感動企業視察ツアー 【2013年8月1日(木) ~ 8月2日(金)

★こちらのイベントは終了いたしました。★

「仙台・感動企業視察ツアー」~311をバネに顔晴る感動企業の視察&復興「和ガキ」激励&感動物語コンテスト2013・東北予選会への参加ツアーのご案内

仙台・感動企業視察ツアー 【2013年8月1日(木) ~ 8月2日(金)】「カンコン2012・グランプリ大会の戦友会(?)」、及び「臥龍エンジョイ倶楽部」の皆さま、こんにちは。暑中お見舞い申し上げます。

昨年のカンコン2012、テーマは「絆」でしたが、東北地区代表のアイリンク・齋藤さんの発表「三方よし・感謝・真の復興」から、日本人の温かい絆力を改めて感じさせていただき、会場は感涙に包まれました。

齊藤さんは、発表の中で、「次は新ブランド“和ガキ”」と宣言されていました。この秋に出荷予定の「和ガキ」に懸ける齋藤さんを激励に行こうよ!と、しあわせ家の田尻さんからご提案をいただき、この程の激励ツアーが企画されました。

このことを齋藤さんの盟友にして、カンコン2013・東北予選会の音頭を取っていただいている稲垣さんにご相談したところ、311をバネに顔晴る素晴らしい感動企業がまだまだあります。是非、観てください。そして東北予選会にもご参加くださいと温かいお申し出をいただき、以下のような「感動の一石三鳥ツアー」が実現できることになりました。

皆さまと一緒に、この熱い熱い東北パワーを魂に注入し、千年の猛暑も乗り切っていきたいと考えています。是非、ご参加くださいね!                   

2013年7月吉日 臥龍こと角田識之 拝

ページの上へ

 

旅程

◆2013年8月1日(木)
集合は以下の2か所のいずれかとなります。
【空港】11:00 仙台空港到着口
          (集合次第、ご一緒に昼食、そしてサイコー様に移動)
    *ダイヤ⇒ http://www.sdj-airport.com/flight/index.html
    *緊急連絡先:稲垣さんの携帯電話 TEL090-4636-7553
           又は臥龍の携帯電話 TEL090-3175-6005
【J R】 11:00 JR仙台駅の中央改札出口に集合
          (集合次第、ご一緒に昼食、そしてサイコー様に移動)
    *緊急連絡先:稲垣さんの携帯電話 TEL090-4636-7553
           又は臥龍の携帯電話 TEL090-3175-6005

★視察のスタート
13:00   サイコー様(港センター)     社内見学
14:00     〃  (本社)        震災後の復興への取り組み等を聞く
16:00   移動           
17:00   カンコン会場「戦災復興祈念館」到着
        *案内⇒ http://kancon.org/kc03/index.html#yosen
18:30   「カンコン2013・東北予選会」参加:参加料1000円
         ★出品企業さま
         宮城県 有限会社パルコさま http://palco.jp/index.html
              株式会社菅誠建設工業さま http://www.sugasei.com/ 
              株式会社湯浅商店さま http://www.shiogamaichiba.com/
         岩手県 有限会社石川硝子店さま http://e-oni.net/
         福島県 夢成株式会社さま http://www.youmenaru.com/ 
21:00   終了後、懇親会へ移動

 

◆2013年8月2日(金)
7:00  朝、「江陽グランドホテル」ロビーに集合し、出発
      HP⇒ http://www.koyogh.jp/access/
8:00  アイリンク様社長講話
      ★カンコン2012・東北地区代表企業
       HP⇒ http://www.ilink.jp/
9:00   東松島 漁港見学   フランス式様式の見学(漁船で実物見学)
11:00  移動
12:00  食事        南三陸防災センター見学  
13:00  丸平木材様見学     震災からの復活
15:00  現地出発   全行程終了移動
17:30までに、仙台空港やJR仙台駅に到着

 

開催要項

■現地送迎費用:3,000円(現地のボランティア送迎のガソリン代、高速代に充当)

■ツアー参加料:無料、ただし現地で1円でも多くお金を落として帰ってくださいね!
 勿論、最優先は「和ガキ」の予約依頼です!

■宿泊先として推奨させていただくホテル(国分町周辺)
 ★メイン:「江陽グランドホテル」カンコン会場から徒歩10分 
       *臥龍はこちらに宿泊です。 HP⇒ http://www.koyogh.jp/access/
 ★サブ:こちらもカンコン会場から徒歩圏内です。
     「ホテルグランテラス」「ライブラリーホテル東2番町」、
     「三井ガーデンホテル仙台」、「スーパーホテル仙台」

 

ページの上へ

■見学先企業のご紹介

☆丸平木材株式会社様
南三陸杉に限定し、業界ではありえない「感性格付け」を行い、施主さんに家づくりを山から始めてもらう「森林見学会」を行っていました。南三陸杉ブランドが認められ、2011年3月1日に全国林業技術者コンクールで優勝「農林水産大臣賞」を受賞。

これからという時に2011年3月11日東日本大震災によって103年続いた丸平木材株式会社の本社・工場すべて流されてしまいました。幸いに家族と社員は無事でしたが、自社だけでなく町全体が壊滅状態・・・
小野寺氏は、絶望感と無力感を感じたといいます。

そんな中「何のために経営するのか?」を自問自答し出た答えが経営理念だったそうです。
震災後、社員を集めて「私たちは、やるべきことがあって残された。それは経営理念です。ここから再建に向かって動き出します。半年だけ時間をください。一旦形だけ解雇とします。ただ皆さんがもし待っていてくれるなら必ず呼び戻します。」と伝えたそうです。2011年9月に復活しスタートする予定が法規制などでのび2012年4月11日ついに復活。再開まで1年以上経過する中、家庭の事情で戻れなかった社員一人をのぞいて、ほとんどの社員は待っていてくれて戻ってきてくれたそうです。

すべてをなくしてもあきらめない小野寺さんの覚悟、再開するまで1年以上も経過した中で戻ってきてくれた社員。なぜ?そんなに頑張れたのか?なぜ?社員が戻ってきてくれたのか?その答えを現場で感じとって頂ければ幸いです。

【丸平木材株式会社

創  業:1908年    資本金:1,000万円   年 商:2億5,000万円
事業内容:木材製材・加工・販売、建築資材販売  従業員数:21名
所在地:宮城県本吉郡南三陸町志津川字天王山22-1
TEL
0226-46-3113 FAX:0226-46-5844   URLhttp://maruhei-wood.co.jp/

 

 

株式会社サイコー様

(株)サイコー様のラッピングバスあのバス見てどの位の仕事(問い合わせ)が来るのですか?」との問いに「全く来ないですよ!」との返事が社長から返ってきました。
ではナゼあんな高価な物を何年も続けているのか?
それは社員の為。  

社長はボロクズ屋の息子と呼ばれてきた幼少期を過ごし、当社の社員にはそんな思いはさせたくない。父ちゃんの会社のバス凄い! と言ってほしい。 自分の子供がお父さんと同じ仕事をしたいと言ってくれる会社にしたい。その為には業格を上げたい、何処よりも高い値段で仕事を取りたい。利益を出さなくてはいけないと、実践している会社です。そして、社員を大切に考える各種のイベント、お父さんの会社見学会、社員の家族の為のハピネット様々な取り組みは確実に会社にゆとりをもたらします。

お客さまからの感謝の言葉が絶えない回収業者、有難うが日常的に言われる社員の規範と浸透。そのほとんどを現場の社員がリーディングします。経営理念を中心とした感動経営がここに有ります。現場を見る価値が間違い無く有ります。震災で施設が流され数億円の被害に合いながらも、復活を遂げて成長し続ける企業。感動と実績を共に得ている企業様です。

ホームページに有る社長の映像を見てから是非ご参加ください。
また、社員が書いている2つのブログ! 
これも必見。 http://www.kk-saikoh.co.jp/index.html

 

ページの上へ

事務所移転のお知らせ

 

この度、弊社株式会社角田識之事務所・東京事務所は11月1日より下記へ移転することとなりました。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

[新所在地]
〒104-0051
東京都中央区佃
1-11-6-1610

(電話番号・FAXに変更はございません)

好評発売中!DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

 

DVD「年商100億の壁は
人財力で破れ!」

詳しくはコチラ

会社概要

株式会社角田識之事務所

東京オフィス

〒104-0051
東京都中央区佃
1-11-6-1610
TEL 03-5548-5271
FAX 03-5548-1335

広島オフィス

〒732-0052
広島市東区光町2丁目7-7
-501(ラシェール51内)
TEL 082-262-4150
FAX 082-262-4151

 

 

会社概要についてくわしくはこちら